もやしダイエット紀行

Just another WordPress site

ダイエット中に意外と苦しいのがおなか

ダイエット中に意外と苦しいのがおなかがすいて眠れないときのことです。まず夕食は3時間は寝る前に食べるのが目標です。そうなると寝るころには空腹に苦しむことが多いのです。

特にいままで多くの食べ物を食べていた人にとっては、多分、夕食の量でさえ少なく感じているはずです。すると眠れなくなってしまうのです。

ただ、夜だけはどうしても、ダイエットを考えるととても厳しいので、何が食べ物をお勧めすることはできないのです。そこで、一つこれならというものがあります。

それは牛乳です。豆乳でも大丈夫です。これをカップ1杯程度なら許されます。できれば温めてゆっくり呑むことをお勧めします。牛乳などは眠くなるためにもいい食品です。そして、温めることでその効果は高くなります。

もちろん甘みなどは入れに、温めたミルクをゆっくり飲むことです。

他にどうしてもというのであれば、カロリーゼロのものをということですが、それを続けるといつまでも何かおなかに入れたいという癖は治りませんので、できればここはミルクで我慢して欲しいところです。

どうしても駄目なときはところてんをお勧めします。さしみこんにゃくを買っておくという人もいます。このようにカロリーゼロのものを少々食するということにして、どうしてもの時だけにしましょう。癖を付けないようにということが大切です。

Theme created by thememotive.com. Powered by WordPress.org.